バレンタインの思い出 龍馬チョコレート

今日はバレンタインですね。

今晩8:05からのNHKラジオ「かれんスタイル」に出演させて頂きます。生放送、とても緊張します。
桐島かれんさん、松浦弥太郎さんに試食して頂くため、新刊のレシピから龍馬チョコレートを作りました。
龍馬チョコレートについては、ダイヤモンドオンラインでも書きました。

伝説の家政婦・志麻さんが16歳のときに、あの坂本龍馬に送った「龍馬チョコレート」の話

NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」など、テレビで話題沸騰の「伝説の家政婦」志麻さん。 あの志麻さんが、初めて書きおろした料理エッセイレシピ本、『厨房から台所へ――志麻さんの思い出レシピ31』 が、いよいよ本日発売だという。 レシピの背景にある波乱万丈のエピソードとともに、調理のコツも凝縮。ふだん家で食べたことのない「フランスのママン直伝のキッシュ」「梨リングフライ」「龍馬チョコレート」は絶品。 さらに、「母の手づくり餃子」「おばあちゃんのお煮しめ」「けんちょう(山口の郷土料理)」のなつかしの味から、 「ゆで鶏のシュープレームソース」「豚肉のソテーシャルキュティエールソース」「子羊のナヴァラン」「ローストチキン」などのフランス家庭料理、「フォンダンショコラ」「カトリーヌ先生のそば粉のクレープ」などのデザート、 1歳の息子お気に入りの「鶏手羽元のポトフ」まで、実に多彩なレシピがあるという。 「3時間で15品」など、これまでのイメージとはまったく違う志麻さんが、あなたの前に突如、出現するかもしれない。 今回は、志麻さんが「バレンタインデー」ならではのエピソードを紹介する。

ダイヤモンド・オンライン

Shima Tassin

家政婦・タサン志麻の公式ホームページです。 #フランス家庭料理 #伝説の家政婦 #NHKプロフェッショナル #沸騰ワード10 #志麻さん